注文住宅と建売住宅について

TOP > 注文住宅と建売住宅について

マイホームの購入を考える場合、注文住宅にするか建売住宅にするかという選択肢があります。前者の良い点は好きな場所に、自分で考えた造りの家を建てることができるということです。

それに対して建売住宅は、費用が安く購入後すぐに住むことができるという利点があります。
もう少し細かく見ていくと、注文住宅は土地探しから始まります。

自身の希望に完璧に合致した土地を見つけるのは難しく、多くの人が土地探しに苦労しているの現状のようです。



設計に関してですが、法律の範囲ないで予算さえあれば、基本的にはどのような家を建てることも可能なのが注文住宅の強みです。

高いデザイン性を求めたい場合や、生活にリズムに適した家にしたい場合に都合が良いです。

建売住宅の場合だと、間取りなどはどうしても一般的な仕様になってしまうので、個性は出にくいといえます。


ただその分、価格は建売住宅のほうが安くなることが大半です。



建売住宅は、業者が土地を仕入れていくつかの建物を同時に建設することで、そのコストを下げています。

設備や施工期間をなるべく低く抑える努力がなされているので、コストの面では大変良いといえます。



また注文住宅の場合は、家が建つまで1年程度待つ必要があります。間取りについてなど、要望を実現させるための打ち合わせも多く、計画段階でも時間がかかります。

予算にある程度の余裕があり、住宅に対してこだわりがあるならば、注文住宅を選ぶとよいでしょう。