高齢者向けの注文住宅を建設することが可能です

TOP > 高齢者向けの注文住宅を建設することが可能です

日本では高齢化社会が進んでいますので、高齢者向けの住宅のプランとして様々なものが登場しています。
自分の考えを反映させることが可能な住宅として、注文住宅を建てることが可能ですが、高齢者向け住宅にすることもできます。

岐阜の一戸建てをご紹介いたします。

建て主自身が高齢化を迎えたときのことを考えて、20年後や30年後を見据えて長期的な計画で住宅を建てることが可能です。



高齢者向けの住宅として考えられるものが、手すりや昇降機を設置することですが、細かな工夫を設計の段階から行っておくことで高齢者にとって住みやすい住宅にできます。

高齢になると扉が重くて開けにくいことや、部屋の間に段差があることで移動が妨げられてしまうこと、廊下が狭いことなどによって生活しにくくなります。高齢者向けの注文住宅を建てるときには、これらのポイントにおいて過ごしやすくするための計画を立てる必要があります。
日常生活を暮らしやすくするためには、トイレや寝室、浴室などの生活空間を近くしておくと便利になります。

転倒する恐れのある床の段差や、床材が滑りにくいことなどを確認することが重要で、またヒートショックと呼ばれる症状を防ぐための部屋間における温度差にも気を配ることが大切です。



注文住宅は設備にこだわることが可能ですが、複雑な機器を導入してしまうことで使いこなせないということも考慮に入れて選択したほうが良いと言えます。

介護が必要になったときのことを考えて、スペースを確保しておくことや、開閉が楽な建具を選択すること、ドアのハンドルや水栓金具についてレバー式のものを選択しておくと、操作がしやすくなるのでおすすめです。