建売住宅・注文住宅それぞれのメリット

TOP > 建売住宅・注文住宅それぞれのメリット

一戸建てのマイホーム購入を考えたときに、建売住宅にするかそれとも注文住宅にするか、迷われる人も多いのではないでしょうか。


では、それぞれのメリットは、一体どんなところにあるのでしょうか。

建売住宅の場合、すでに建物ができている状態で購入するのが基本です。

岐阜の注文住宅に関する情報に追加しています。

ですから、販売価格がはっきりしていて、予算オーバーも防ぎやすいというメリットがあります。

また、すでに建物ができているので、間取りの使い勝手や日当たり・眺望などを自分の目で見て確かめることができます。


そして、一度に多くの住宅を分譲するタイプの場合、注文住宅よりもコストダウンしやすいというメリットもあります。



また、契約した後に早く住むことができるのも、建売住宅です。

一方の注文住宅にもいくつかのメリットがあります。

まず、建売住宅との大きな相違点は、自由な設計が可能だということです。



注文住宅は土地を買ってから建てるので、間取りをほぼ自由につくることができます。


ですから、自分のこだわりを実現することも可能でしょう。
また、好みの設備や健材を入れやすいのも注文住宅です。

さらに、建築過程を確認しやすいというメリットもあります。

基礎工事の段階から工事の内容を確認することができますし、疑問に思ったことは現場監督に尋ねてみるといったことも可能です。

以上それぞれのメリットについて、いくつかご紹介しました。

自分が求めているお家はどちらが適しているのか。

これらを参考にして考えてみてはいかがでしょうか。