注文住宅を二世帯住宅にすることができます

TOP > 注文住宅を二世帯住宅にすることができます

二世帯住宅とは、2つの家族が1つの住宅に住む形態のことですが、注文住宅を建てることで実現が可能です。

注文住宅として二世帯住宅にすることのメリットは、1つの敷地内において複数の世帯が住むことが可能なために、光熱費の節約や住宅にかかるコストを減らせる点があります。
2つの世帯が同居することによって、単独では住むことが難しい地価の高い地域に住むことも可能となってきます。
高齢の世帯にとっては、子供世帯と同居することによって介護などの不安を解消できるメリットがあります。

ただし、ライフスタイルや年齢が異なる2つの世帯で、一緒に生活するということは注文住宅の計画を行うときに難しさが生じることも考えられます。

岐阜の一戸建ての新しい情報です。

どちらの世帯の意見を強く反映させるのかや、将来的なことも検討して決める必要があります。
注文住宅であればバリアフリー住宅にすることも可能となりますので、工夫や住宅づくりの過程で様々な考えを反映させておくことが大切です。
二世帯住宅では完全な同居型と部分的な共有型、完全分離型の3つの種類から選ぶことができます。



どの種類の住宅を選ぶかによって、登記の方法や所有の形態が変わってきますので、その影響によって住宅ローンや税金面も変化が起きます。



注文住宅の依頼先として考えている建設会社に相談して、どのような居住形態にするか決めることが最適です。

住宅ローンについては、二世帯住宅を計画することによって、親子間における融資返済の期間をつなぐリレー返済や、民間の金融機関におけるペアローンを活用することができます。